築地で手頃な値段で気軽に寿司が食べられるのでいい時代です

築地で寿司は高価な食べ物だという印象が薄くなってきて安価で食べることが出来るようになっているので庶民の私には凄く嬉しいです。もちろん職人さんの握る寿司が一番美味しいですが、高い寿司にはほとんど縁がないので安く寿司が食べられるだけでも嬉しいです。

 

企業努力で良いネタを安く提供しているのでしょうが、築地のスーパーや回転寿司で手軽に寿司を食べることが出来るのは本当にいいことだと思います。本当に安いので何度も通ってお寿司を食べたくなってしまいます。安いからって品質が悪いとは感じませんし値段から考えるとすごく魅力的です。

 

回転寿司とかでも季節の魚を食べることが出来ますし、寿司を食べるのは回転寿司で十分だと感じる人もいるのではないかと思います。たくさん食べることが出来ますしデザートなどのサイドメニューも力が入っているので家族連れなんかには最高だと思います。雰囲気のいいお店もありますしデートに使ってもいいのではと思うようなお店もあります。
築地 寿司

 

お金があるのなら本格的な寿司を食べたいなと思いますが、手頃な値段で気軽に食べることが出来る寿司もなかなかいいものだなと思っています。

技術の粋を尽くした寿司という料理

日本料理の代表格とも言われる築地の寿司。
今や世界中にその名を轟かせ、まさに世界で愛される料理になりました。
寿司には種類があって、海外で人気の築地の寿司は江戸前寿司に由来しています。
見かけは握ったご飯にネタとなる食材を乗っけただけ、海苔のシートにご飯を敷いて具を入れて巻くだけ、などという風に手軽に出来ることも、海外で人気となった理由の一つです。
しかし、寿司はそんな単純な物では無いのです。

 

寿司の基本になるのはシャリと呼ばれる酢飯です。
これも単純に酢を合わせただけでなく、酢に砂糖や塩を加えて白飯と混ぜ、団扇などで風を送って冷ますことにより、ネタを傷めない温度にするだけではなくツヤを出したりする握りの美しさを演出しています。
ネタも、切っただけではなく様々な工夫が施されています。
光り物であれば酢締めにして生臭さを抑えていたり、マグロや白身魚などは醤油漬け、いわゆるヅケと呼ばれる方法で、ねっとりとした食感や保存性を高めています。
握り方一つとっても、本手返し、縦返し、小手返しなどがあり、仕上がりの形も俵型、箱型、船型、地紙型などなど様々です。

 

単純な料理に見える築地の寿司は、実は日本でも有数の技術の結晶なのです。
海外ではそんなことを無視したオリジナルの寿司がありますが、日本における洋食のようにほぼ別物のオリジナル料理として捉えていくべきでしょう。

 

 

銀座 有機野菜

RSS |  サイトマップ

Copyright © 2016 築地の寿司屋めぐり All Rights Reserved.
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。